英語の品詞と見分け方を漫画で説明 品詞の並びで英文が分かる。疑問詞は?

英語学習漫画ブログ、今回は【品詞】を説明します。

品詞とは、名詞や冠詞などなどの

英単語のパートの総称のことです。

f:id:uuuta1122:20190123161215j:plain

品詞とは?英単語の種類の大元。ここから名詞や動詞に分類される。

品詞ってなにか。

ということを説明すると、

f:id:uuuta1122:20190123161216j:plain

英単語の種類をの総称です。

どういうことかをもっと詳しく言えば、

名詞や冠詞、代名詞…などなど、

英語の単語の種類の大きなくくりが品詞なんですね。

品詞は全部で何種類? 10種類! 見分け方も説明。

品詞を全部紹介します。

名詞(ものや、人の名前)

冠詞(a、an、the)

代名詞(Iやtheyなどの主格や、himなども目的格も含む)

動詞(食べる。などの状態)

助動詞(canなど動詞に加えられるもの)

形容詞(名詞の状態などを説明。newなど)

副詞(today、well上手に、など、名詞以外を補うもの)

前置詞(fromなどで形容詞などと使い方は似ている。)

f:id:uuuta1122:20190123161219j:plain

品詞の種類はすごく多いですね。

まだまだあります。

接続詞 (andなど語句と語句をつなぐもの)

間投詞 (ah とかohとか、感情表現に使うもの)


というわけで、全部で10種類あります。

疑問詞は品詞に入らないの?5w1Hの不思議

さて、上の10種類の中に、疑問詞がありませんね。

疑問詞とは、普通の疑問形は【?】みたいに付いていますが、

5W1Hというものが付いた疑問文の疑問詞です。


疑問詞の種類は、
Who(だれが)
What(なにを)
Where(どこで)
Why(なぜ)
When(いつ)

How(どのように)

これで、5W1Hです。

疑問詞名詞、疑問詞副詞として扱う。

疑問詞は、品詞に入らないのか。

というよりも、疑問詞は、

疑問詞名詞や、
疑問詞副詞

のように、使い方が、その状況に応じて分類されるものです。

だからこそ、品詞の中に、見た目は疑問詞が含まれていないんですね。

この使い分けについては、また別の記事で説明しますね。

英語で品詞分解って必要? やり方は?

よく古典では、品詞分解しますよね。

たとえば「なりにけり」ならば、

「なり / に / けり」

のように。

英語でも、このように、品詞分解することがあります。

私も、中1のときに先生からやらされたなあ。


英語の品詞分解の方法は、

I am Tom.

ならば、

I/ am / Tom.

ですね。簡単な文章すぎましたが、

で、ここが品詞分解のポイントですが、どの品詞なのかを解く必要があります。


Iは主語 (S)
amは、be動詞 (V)
Tom は、名詞

今回の文章では、Tomは、主語の名詞と対等なので、Cの補語の役割になるので、

この文型は、SVC文型になるんです。


ここらへんは、別の記事でまた説明しますね。

品詞分解のメリットとデメリット

品詞分解することには、メリットとデメリットがあります。

メリットは、英文法を文型としてしっかり理解するために、SVOや、SVOCなどの文型の違いが理解できるきっかけになること。

デメリットは、英語はそこそこ【慣れ】も必要なので、いちいち品詞分解していたら、時間がかかること。

ですね。


品詞分解は、そこそこ長い英文を扱うようになってから便利になってくるので、

まず、英語の習いたてのときは、たくさんの英語に触れることが
なによりも効率が良いです。



英語の勉強って、英語の塾とかがいる?って思いますが、私は留学経験も、英会話の教室も行かなくても、

英検の2級は高1でとれたので、勉強にお金をかける必要はありません。


www.pukurulog.com